北海道医療健康保険組合

海外療養費

海外では、日本国内のように健康保険証を使って診療を受けることはできませんが、海外旅行等に出かけた本人や家族が、病気やケガで海外の病院で治療を受けた場合、支払った治療費の一部は申請すると療養費の支給が受けられる場合があります。
なお、治療が目的で渡航した場合は認められません。

海外療養費

手続きについて

療養費支給申請書により、申請いただきますようお願いします。

ダウンロード書類

海外療養費支給申請書

添付書類:①海外の病院等で発行された「診療内容明細書」の原本
②海外の病院等で発行された「領収明細書」の原本
③旅券、航空券その他の海外に渡航した事実が確認できる書類の写し
④保険者が海外療養の内容について当該海外療養を担当した者に照会することに関する当該海外療養を受けた者の「同意書」

※①、②については、外国語で記載されている場合は「翻訳文」を添付してください。
(翻訳文には、翻訳者の署名、住所・電話番号を明記してください。)

※④については、医療健保にお問い合わせください。

支給額について

日本の健康保険での治療方針と海外での治療方針とは治療内容のレベルや治療費は異なるものと考えられます。
実際に払い戻される額は、支払った費用のすべてではなく、海外の病院で発行された「診療内容明細書」、「領収明細書」に基づいて、国内の保険での治療費を基準とした額となります。
診療内容明細書と領収明細書は、忘れずに受け取ってください。