北海道医療健康保険組合

傷病手当金

被保険者が病気やけがのため仕事を休み、給料が受られないときは傷病手当金が、支給されます。

傷病手当金

被保険者が業務外の事由による病気やけがの療養のため仕事を休み、給料を受けられないときに、支給されます。

支給の条件

傷病手当金の支給期間
傷病手当金の支給期間

※支給開始日から起算して1年6ヵ月の範囲内となります。
なお、令和4年1月1日からは、支給開始日から通算して1年6ヵ月の範囲内となります。
(支給開始日が令和2年7月2日以降の場合が通算化の対象になります。)

※支給期間の通算化に関して詳細はこちらのチラシをご確認ください。

傷病手当金の1日当たりの給付金額の計算方法
支給開始日※3
属する月以前の
継続した12ヵ月の
各月の標準報酬月額の平均額
÷30日※1
×2/3※2

※1:10円未満を四捨五入します。

※2:1円未満を四捨五入します。

※3:「支給開始日」とは、医療健保組合で最初に傷病手当金の支給を始める日をいいます。

具体的な計算方法

◯支給開始日以前に12ヵ月の被保険者期間がある場合

【例】

支給開始日以前に12ヵ月の被保険者期間がある場合

【1日当たりの支給金額の計算方法】

支給開始日が属する月(R4.3)以前12ヵ月(R3.4~R4.3)の
各月の標準報酬月額を合算して平均額を算出します。
(30万円×5ヵ月+32万円×7ヵ月)÷12ヵ月÷30日×2/3=6,927円

◯支給開始日以前の被保険者期間が12ヵ月未満の場合

【例】

支給開始日以前の被保険者期間が12ヵ月未満の場合

【1日当たりの支給金額の計算方法】

次のいずれか少ない方の額で計算します。

①支給開始日の属する月以前の継続した各月の標準報酬の平均額

②34万円(支給開始日が属する年度の前年度の9月30日における医療健保組合の全被保険者の同月の標準報酬月額を平均した額)

① 50万円×7ヵ月÷7ヵ月=50万円

② 34万円(令和3年度の平均額)

①>②のため、②の額で計算します。
34万円÷30日×2/3=7,553円

支給開始日の含まれる月以前の直近の継続した12ヵ月以内の期間において、お勤め先が変わっている場合は、申請時に加入歴(医療健保組合の適用事業所に限る)をお知らせいただくこととなります。 記入用紙に記載欄がありますので、該当される場合は忘れずに記載をお願いいたします。

※給与の支払いがあり、1日当たりの額が傷病手当金の1日当たりの額より少ない場合には、その差額が支給されます。

ダウンロード書類

傷病手当金支給申請書

添付書類:事業主の証明および医師の意見書
初回申請時には労務に服することができなかった期間を含む賃金計算期間とその期間前1ヵ月分の賃金台帳と出勤簿の写し

年金が受けとれるとき

同一の傷病で傷病手当金と障害厚生年金を受けることができる場合は、傷病手当金の支給期間が残っていても、傷病手当金は支給されません。また、退職後に傷病手当金の継続給付を受けている人が、老齢厚生年金や老齢基礎年金、退職共済年金などを受けられるようになった場合は、傷病手当金の支給期間が残っていても、傷病手当金は支給されません。ただし、いずれの場合も年金等の額が傷病手当金の額を下回るときは、その差額が支給されます。

[申請書類]
  • 障害厚生年金の給付を受けている方は、「障害厚生年金給付の年金証書またはこれに準ずる書類の写し」および「障害厚生年金給付の額、支給開始年月日を証明する書類および障害厚生年金の直近の額を証明する書類(年金額改定通知書等)の写し」を添付してください。
  • 老齢退職年金の給付を受けている方は、「老齢退職年金給付の年金証書またはこれに準ずる書類の写し」および「老齢退職年金給付の額、支給開始年月日を証明する書類および老齢退職年金の直近の額を証明する書類(年金額改定通知書等)の写し」を添付してください。
障害年金のご案内