北海道医療健康保険組合

療養費

やむを得ない事情により被保険者証を提示せずに医療機関にかかったときなどには、患者が医療費などを立て替えて、あとで健康保険組合から払い戻しを受けます。

払い戻しを受けられる場合

療養費

次のような場合には、医療費などを患者が立て替え払いをし、あとで健康保険組合から払い戻しを受けます。

  • 急病などで健康保険を扱っていない医療機関で診療を受けたとき
  • 就職直後で被保険者証が交付される前に診療を受けたとき
  • 海外で治療を受けたとき
  • 医師が必要と認め、コルセット、義眼、治療用眼鏡(9歳未満の小児)などの治療用装具を購入したとき
  • 医療機関を通じて血液(生血)を購入して輸血したとき
  • 医師の指示のもとで一定の範囲の「はり、きゅう、あんま、マッサージ」を受けたとき

    ※はり・きゅう施術についてはこちら

    ※あんま・マッサージ施術についてはこちら

  • 捻挫、打撲、挫傷、骨折、不全骨折、脱臼で、接骨院・整骨院(柔道整復師)で施術を受けたとき。なお、地方厚生(支)局長と「受領委任払い」の協定・契約を結んでいる柔道整復師の場合は、被保険者証を提示して自己負担分のみを支払うことで施術を受けられます。

    ※柔道整復施術についてはこちら

ダウンロード書類

療養費支給申請書
(立て替え払いの場合)

添付書類:医療機関発行の傷病名が入った診療明細書、領収書(原本)
診療明細書:見本

※海外で診療を受けた場合には「診療内容明細書」および「領収明細書」

療養費支給申請書
(治療用装具の場合)

添付書類:医師の「意見及び装具装着証明書」の原本(治療用眼鏡等の場合には医師の「眼鏡等作成指示書」の原本)、領収書の原本、「装具作製確認書」、「装具の写真」(治療用装具写真貼付台紙に貼ったもの)

※令和4年1月申請分から装具の写真の添付が必要になります。
(ただし、弾性着衣等および小児弱視等の治療用眼鏡等の場合、写真と装具作製確認書の添付は不要です)

はり・きゅう施術のかかり方

令和元年6月1日以降の施術分から、支払方法が「償還払い」へ変更となります。

はり・きゅうの施術について、一定の要件を満たす場合は、「療養費」として健康保険の対象となります。
なお、対象とならない場合は、全額自己負担となります。

ダウンロード書類

療養費支給申請書
(はり・きゅう用)

添付書類:領収書(原本)、医師の同意書(初回・再同意)、施術報告書(写)、往療内訳表

あんま・マッサージ施術のかかり方

令和元年6月1日以降の施術分から、支払方法が「償還払い」へ変更となります。

あんま・マッサージの施術について、一定の要件を満たす場合は、「療養費」として健康保険の対象となります。
なお、対象とならない場合は、全額自己負担となります。

ダウンロード書類

療養費支給申請書
(あんま・マッサージ用)

添付書類:領収書(原本)、医師の同意書(初回・再同意)、施術報告書(写)、往療内訳表

移送費

医師の指示により緊急に入院・転院をしたときは、移送の費用を患者が立て替え払いをし、あとで健康保険組合から払い戻しを受けます。
手続きの際は、「被保険者・被扶養者 移送費支給申請書」に医師の証明を受け、「領収書(原本)」を添付し、提出をしてください。

ダウンロード書類

移送費支給申請書

添付書類:領収書(原本)

払い戻される額は?

療養費(第二家族療養費)の場合に払い戻される額は、立て替え払いした全額ではなく、保険診療の料金を標準として計算した額から、自己負担分・標準負担額相当額を差し引いた額です。移送費(家族移送費)の場合に払い戻される額は、最も経済的な通常の経路・方法により移送された場合の費用を基準に健康保険組合が決めます。