北海道医療健康保険組合

病気・けがのとき

被保険者や被扶養者が病気・けがをしたとき、保険医療機関の窓口に被保険者証(70歳以上の人は高齢受給者証)を提示すれば、医療費の一部を負担するだけで必要な治療を受けられます。医師から処方箋をもらったときには、保険薬局で調剤してもらえます。

療養の給付

窓口負担の割合

被保険者・被扶養者が医療機関で診察を受けたときや保険薬局で調剤を受けたときには、窓口で自己負担分を支払います。負担割合は、年齢等によって次のように区分されています。

患者の窓口負担割合
小学校入学前※1 医療費の2割
小学校入学後※1 70歳未満 医療費の3割
70歳以上(一般) 医療費の2割(1割)※3
70歳以上(現役並み所得者※2 医療費の3割

※1:小学校入学前とは6歳に達する日以降の最初の3月31日以前を、小学校入学後とは6歳に達する日以降の最初の4月1日以降をいいます。

※2:現役並み所得者はこちら

※3:昭和19年4月1日以前の生まれの方は、軽減特例措置により1割となっています(差額の1割は国が負担します)。

入院したときは、食事療養標準負担額を負担

入院したときの食事の費用も健康保険から入院時食事療養費として給付されますが、その一部(食材料費相当額)を食事療養標準負担額として、医療費の自己負担分とは別に負担します。

食事療養標準負担額(1食につき) H28.4.1~
70歳未満 一般 460円
小児慢性特定疾病児童または
指定難病患者
260円
低所得者 210円
(91日目以降は160円)
70歳以上 一般 460円
指定難病患者 260円
低所得Ⅱ 210円
(91日目以降は160円)
低所得Ⅰ 100円

※低所得者・低所得Ⅱとは、市(区)町村民税非課税者等の被保険者とその被扶養者をいいます。
低所得Ⅰとは、必要経費等を控除した所得が0円の被保険者とその被扶養者をいいます。

高齢者が療養病床に入院したときは、生活療養標準負担額を負担

65歳以上の人が療養病床(慢性病の人が長期間入院する病床)に入院したときの生活療養の費用(食費と居住費)も、健康保険から入院時生活療養費として給付されますが、食費(食材料費+調理コスト相当額)と居住費(光熱水費相当額)を生活療養標準負担額として、医療費の自己負担分とは別に負担します。

生活療養標準負担額
医療の必要性の
低い者
医療の必要性の
高い者
指定難病患者
食費
(1食)
居住費
(1日)
食費
(1食)
居住費
(1日)
食費
(1食)
居住費
(1日)
一般所得 H29.9まで 360円 320円 360円 0円 260円 0円
H29.10~H30.3 370円 200円
H30.4~ 生活療養
(Ⅰ)460円
生活療養
(Ⅱ)420円
生活療養
(Ⅰ)460円
生活療養
(Ⅱ)420円
370円
70歳
未満
70歳
以上
低所得 低所得Ⅱ H29.9まで 210円 320円 210円
※91日目以降は
160円
0円 210円
※91日目以降は
160円
0円
H29.10~H30.3 370円 200円
H30.4~ 370円
低所得Ⅰ H29.9まで 130円 320円 100円 0円 100円 0円
H29.10~H30.3 370円 200円
H30.4~ 370円
老齢福祉年金受給者
(後期高齢者医療制度のみ)
100円 0円 100円 0円 100円 0円
境界層該当者(H29.10.1~)

※低所得Ⅱとは、市(区)町村民税非課税者等の被保険者とその被扶養者をいいます。
低所得Ⅰとは、必要経費等を控除した所得が0円の被保険者とその被扶養者をいいます。
境界層該当者とは、居住費負担(1日370円)により生活保護の対象となる者で、老齢福祉年金受給者と同じ負担額(1日0円)を適用することで生活保護の対象外となる者をいいます。

訪問看護療養費

在宅の患者が、かかりつけ医の承認を受けたうえで、訪問看護ステーションから派遣された看護師などから療養上の世話などの訪問看護を受けられます(訪問看護療養費・家庭訪問看護療養費)。利用者は、訪問看護費用の一定割合(医療費の自己負担分と同じ割合)を、基本使用料として負担します。

柔道整復師(接骨院・整骨院)にかかったとき

通常の医療機関を受診するように、柔道整復師による施術も被保険者証を使用することができますが、療養費のため理由により使用できない場合があります。

使用できる場合
使用できない場合

※以上の場合に、「健康保険が使える」と説明を受け接骨院・整骨院で施術を受けても、その治療費は、全額または一部を自己負担していただくことがあります。その場合、後日接骨院等から請求されるか、もしくは健康保険組合から請求させていただくことになります。

柔道整復師にかかるときは次の点に注意しましょう
施術内容について確認をお願いすることがあります