北海道医療健康保険組合

保険証について

健康保険に加入すると交付される「健康保険被保険者証」は、健康保険の資格を証明するものです。一般的に、保険証と呼んでいるものです。

健康保険の被保険者資格の証明書

健康保険に加入すると「健康保険被保険者証」が事業所を通じて交付されます。保険医療機関の窓口に、この被保険者証を提出すれば、健康保険で治療が受けられます。被保険者証は、健康保険の被保険者資格を証明するものですから、大切に扱って、次の事に注意してください

被保険者証の不正使用は法律で厳しく禁じられています

70歳以上の人には高齢受給者証が交付される

70歳以上の被保険者・被扶養者の医療機関での窓口負担は2割、現役並所得者は3割となっています。被保険者や被扶養者が70歳になると、この負担割合を記載した「高齢受給者証」が、事業主を通じて健康保険組合から個人ごとに交付されます。受診の際には、被保険者証とともに高齢受給者証を医療機関の窓口に提出してください。提出しない場合には、2割負担で済む人でも3割を負担し、あとで健康保険組合から差額の払い戻しを受けることになります。

※「現役並み所得者」とは、①70歳以上の被保険者で標準報酬月額が28万円以上の人と、②その被扶養者で70歳以上の人もいいます。ただし、①・②に該当する場合でも、70歳以上の被保険者・被扶養者の収入合計額が520万円(70歳以上の被扶養者がいない場合は383万円。ただし後期高齢者医療制度の被保険者となったため被扶養者でなくなった人がいる場合には520万円)に満たないときは、健康保険組合に申請すれば、現役並み所得者にはなりません。なお標準報酬月額の改定などで負担割合が変更になる人には、新しい負担割合を記載した高齢受給者証が交付されますので、旧高齢受給者証は返納してください。

こんなときには、事業所へお申出下さい。

※被保険者証の更新などで提出を求められたときも、速やかに提出してください。