北海道医療健康保険組合

がん検診において
精密検査の対象となった方へのお尋ねについて

当健康保険組合では、「がん検診」の実効性を高めるため、
精密検査対象となった方に対して健診後の受診状況等について照会を行っています。

がん検診において精密検査の対象となった方へのお尋ねについて

当健康保険組合では、「がん検診」の実効性を高めるため、
精密検査対象となった方に対して健診後の受診状況等について照会を行っています。
精密検査の受診率等の傾向を把握し、将来的にがんの発症や
悪化による医療費の増加を抑制する施策に繋げることを目的としています。

対象者

生活習慣病予防健診(オプション・単独検診を含む)又は検診費用補助を利用して
がん検診を受診した本人(被保険者)家族(被扶養者)のうち、
以下の要件(1)(2)を満たす者

(1)健診結果が「要精密検査」に該当する者

(2)「職域におけるがん検診に関するマニュアル」に基づき
下表の要件に該当する者


検診項目 検査項目 年齢等
(ア) 胃がん検診 胃部エックス線検査
又は胃内視鏡検査
35歳以上の者
(イ) 肺がん検診 胸部エックス線検査 35歳以上の者
(ウ) 大腸がん検診 便潜血検査 35歳以上の者
(エ) 乳がん検診 乳房エックス線検査
又はエコー検査
30歳以上の女性
(オ) 子宮頸がん検診 子宮頸部細胞診 20歳以上の女性

実施方法

対象者あてに照会文書を発送します
(返信用封筒を同封します)。

実施時期

当健康保険組合に健診結果が報告された
4ヵ月後を目途に順次照会を行います。