北海道医療健康保険組合

ジェネリック医薬品

ジェネリック医薬品への切替にご協力ください!

ジェネリック医薬品とは、新薬として長期間の特許申請が切れた後に、他の製薬会社によって作られた後発の医薬品です。
「同じ成分」「同等の安全性」「安価」といった特徴があり、国や自治体をはじめ健康保険組合でも推進しております。

ジェネリック医薬品を処方してもらうには?

医師または薬剤師に「ジェリック医薬品に替えられるお薬はありますか?」と尋ねてみましょう。

被保険者証、診察券及びお薬手帳などに「ジェネリック医薬品希望シール」を貼って意思表示しましょう。
「ジェネリック医薬品希望シールを貼りましょう!」

オーソライズドジェネリックもご利用ください!

一般的なジェネリック医薬品は、有効成分については新薬と同じですが添加物や製法等が異なる場合があります。
オーソライズドジェネリックは、新薬メーカーから許諾を得て製造された、原薬、添加物および製法等が新薬と同一のジェネリック医薬品で、薬の形も変わらず今までと同じように服薬できます。(一部違うオーソライズドジェネリックもあります。)
ジェネリック医薬品と同様、オーソライズドジェネリックも開発コストがかからないため、お薬代を軽減できます。

バイオシミラーをご存知ですか?

バイオ医薬品(バイオテクノロジー応用医薬品)という、遺伝子組み換え技術等を応用し、生物が持つタンパク質を作る力を利用して製造された医薬品があります。
バイオシミラーは、国内ですでに承認・販売されているバイオ医薬品(先行バイオ医薬品)の特許期間・再審査期間満了後に、他の製薬会社によって作られた、先行バイオ医薬品と同等/同質の製品で、薬価は原則として先行バイオ医薬品の70%に設定されています。
バイオ医薬品は難治性疾患への治療に使われることも多く、お薬代が高額になりやすいため、バイオシミラーへの切り替えによりお薬代が軽減されることで、事業主および被保険者の皆様に納めていただく保険料により支払われる健康保険組合が負担する医療費の節減に繋がります。