北海道医療健康保険組合

上手な医療費の使い方

医療の高度化などにより医療費は年々増えています。高齢者を支えるための納付金も徐々に増えており、健康保険組合は厳しい財政状況を強いられています。出来る限り皆さまのご負担(保険料)を抑えるため、そして、私たちの家計を守るために「上手な医療費の使い方」を心がけましょう。
皆さまのご理解、ご協力をお願いします。

夜間や休日の医療費は割高です

平日夜間や土日の診療が受けられることはとても便利ですが、夜間や休日の診療は料金が加算されます。また、診療時間内でも18時以降は割増料金がかかる場合がありますので、緊急時以外は診療時間内に受診することを心がけましょう。

初診料(医科) 6歳以上2,820円/6歳未満3,570円

初診料(医科) 6歳以上2,820円/6歳未満3,570円

なお、調剤薬局についてもお薬を受け取る時間によっては、営業時間内であっても割増料金がかかることがありますし、年末年始(12/29~1/3)は休日加算がかかりますので、できるだけ12/28までに薬局に行くようにしましょう。

はしご受診(自分都合で医療機関を何度も変える行為)はやめましょう

同じ時期に同じ病気でいくつもの医療機関にかかると、検査やお薬が重複することになります。身体に大きな負担となりますし、医療費が増えて自己負担も大きくなってしまいます。
治療について疑問や不安がある時は、必ず医師に相談し、医療機関を変更する際は「紹介状」を書いてもらいましょう。
なお、重い病気や難病等の治療において診断や治療方針に不安やお悩みがある時は、セカンドオピニオン(違う医療機関の医師に第2の意見を求めること)を活用することも可能です。

紹介状なしでいきなり大病院にかかると特別料金がかかります

紹介状をもたずに大病院(大学病院など)にかかると、医療機関によっては5,000円以上の特別料金(選定療養費)を全額自己負担で支払うことになります。
紹介状がないと受診できないわけではありませんが、検査なども大掛かりになりがちで、時間もかかりますし、何より出費がかさみますので、大病院を受診する際は事前に確認するようにしましょう。

かかりつけ医(薬局)をもちましょう

普段から病気や身体のことについて相談できる「かかりつけ医」は心強い存在です。普段からかかりつけ医への受診を心掛けておけば、いざというとき「紹介状」を書いてもらえます。これにより大病院で特別料金もかかりません。大病院でしかできない治療が終わったら、かかりつけ医に定期的に通院しながら経過を管理してもらいましょう。
また、かかりつけ薬局は、お薬の管理(重複・飲み合わせなど)をしてくれるので薬のムダがなくなりますし、効き目や副作用などの相談ができるので大変便利です。

子供の医療費は「タダ」ではありません

現代は「子育て支援」として、自治体の医療費助成制度により医療機関での窓口負担(自己負担)が無料となるケースが多くなっています。当然のことながら自治体が助成するのは自己負担の部分だけですので、残り(7~8割)は健康保険組合の負担です。
さらに、6歳未満の子供は時間外料金などが大人よりも高くなります。自己負担がないからといってむやみに受診することは控えましょう。

子供の医療費(※自治体によって補助の割合は異なります)

子供の医療費

夜間や休日に子供が急な病気で、判断に困った場合は「こども医療でんわ相談」(♯8000)を利用しましょう。小児科医師等から適切な対処の仕方や受診に関するアドバイスを受けられます。

子供の医療費

お薬をジェネリックに切り替えませんか

先発医薬品と品質・効き目は同等でありながら、最大で6割もお薬代の負担が軽くなるものがある「ジェネリック医薬品」をご存じですか?お財布にやさしいお薬は、医療保険制度を支える上でとても効果的です。
詳しくは「ジェネリック医薬品」のページをご覧ください。

セルフメディケーション(スイッチOTC薬の適切な使用について)

患者自身が、受診の必要性や医療機関の選択等を適切に理解して医療にかかることは「医療を守ること」につながります。必要な時に必要な医療にかかることができるよう、必要に応じて「スイッチOTC薬」を使用しましょう。
スイッチOTC薬とは、処方箋が必要な医薬品の内、副作用が少なく安全性が高いものを市販薬としてドラッグストアなどで購入ができるようになった医薬品のことです(対象医薬品にはパッケージに識別マークがついています、領収書にも記載されます)

セルフメディケーション

なお、年間12,000円を超えて「スイッチOTC薬」を購入した際は、超えた金額(上限あり)について確定申告により所得控除が受けられます(セルフメディケーション税制の詳細は厚労省HPよりご確認ください)

柔道整復師のかかり方について正しく理解しましょう

整骨院・接骨院での受診については、保険証が使える場合と使えない場合があります。柔道整復師の施術を受ける際は、負傷原因を正しく伝えルールを守ってかかるようにしましょう。 詳しくは「柔道整復師(接骨院・整骨院)にかかったとき」のページをご覧ください。